日月潭ライン

台中干城駅 to 水社旅客センター(日月潭):
台中干城駅=>台中駅=>大慶駅=>烏日高速鉄道=>埔里ビジターセンター=>牛耳石雕公園=>暨南大学=>桃米坑(紙教会)=>澀水社區=>魚池=>日月老茶廠=>水社旅客センター(日月潭)

 

水社旅客センター(日月潭) to 台中干城駅:
水社旅客センター(日月潭)=>日月老茶廠=>魚池=>澀水社區=>桃米坑(紙教会)=>暨南大学=>牛耳石雕公園=>烏日高速鉄道=>大慶駅=>台中駅=>台中干城駅

時刻表と料金

Fare 190台湾元/片道切符,350台湾元/往復
(往復乗車券は台中干城駅または高速鉄道台中駅南投バスカウンターでご購入ください)
Where to buy 1.カウンター販売
台中干城駅南投バスカウンター:+886-4-22256418
高速鉄道台中駅南投バスカウンター:+886-4-36018665
2.車上にて販売
使用可能カード:現金、悠遊カード、一卡通
3.インターネットチケット予約
予約URL:南投客運 http://www.ntbustour.com/busmain/mainsite/ 4.7-ELEVEN ibon
Service Hotline 日月潭国家風景区 電話番号:+886-49-2855668,サービス時間: 09:00 ~ 17:00
南投バス株式会社(日月潭) 電話番号:+886-49-2984031,サービス時間:09:00~17:00
Announcements

折りたたみ自転車携帯規則:
1.折りたたみ自転車を携帯して乗車することができます。
2.折りたたみ自転車携帯の注意事項:
(1)折りたたみ自転車は車両携帯袋に入れなければなりません。
(2)車上トランクに無料で保管することができます。
(3)携帯して座るためには半額券が必要です。

割引券規定:
1.乗車券価格は一般券と半額券に区分されています。1日フリーパスおよびセット券は割引価格であるため、さらなる割引はいたしません。
2.半額券適用対象:
(1)満65歳以上の、国民身分証または敬老証を所有する年長者。
(2)障害手帳を所有する心身障害者およびその必要な看護者または付添者1人。
(3)身長115センチメートル以上145センチメートル未満、または身長145センチメートル以上かつ12歳未満の児童は、身分証明文書の提示により半額券を購入できます。
3.無料乗車適用対象:
身長115センチメートル未満、または身長115センチメートル以上かつ6歳未満の児童は、身分証明文書の提示により無料乗車できます。座席を専有することができますが、乗車券を購入した成年者が付添わなければなりません。乗車券を購入した成年者が連れられる無料乗車の子供は2人に限ります。2人を超える場合、半額券を購入して乗車してください。

ペット持込み規則:
1.小動物を持込むには半額券を買う必要があります。ただし、座席を専有することはできません。
2.以下のいずれかの状況があり、当社スタッフの制止を無視する場合、携帯して乗車することを拒否することができます。未使用の乗車券は全額返金いたします。
(1) 重病または重疾患にかかっている。
(2) ケージ、かごまたは網に入れていない。
(3) 不潔であり、または他人もしくは他物を汚損する可能性が高い。
(4) 公共衛生およびその他の旅客の安寧を妨害し、またはこれに対する侵害性もしくは危険性がある。
(5) バスに乗せて輸送するのに適さない。

Timetable FAQ 日月潭ラインメッセージボード

日月潭ライン この遊び

日月潭は台湾最大の天然内陸湖で、かつては「水沙連」と呼ばれていました。南投魚池郷にあります。山に囲まれており、湖面は広く、水が透き通っていて風光明媚です。また、独特の先住民文化が伝わっています。台湾でもっとも有名な国家風景区であると同時に、国際的にもよく知られています。台湾トリップの路線は台中干城駅・高速鉄道台中駅から出発し、わずか90分で台湾の「山中の真珠」というべき日月潭に到着します。観光客は遊湖バス・交通線・自転車などさまざまな交通手段で移動することができます。フレキシブルで自由に遊覧することができます。


臺中干城站、台中駅、烏日高速鉄道→桃米坑→日月潭

Surrounding scenic spots

日月潭ケーブルカー

遊覧船から眺める景色もまた一興です。四方を取り囲む山々が、湖面に青い影を落とし、有名な慈恩塔が山頂にそびえたち、ケーブルカーが山間を行き来しています。10分程で伊達邵埠頭に着き、振り返って湖を眺めるとそれもまた違った印象を与える美しい景色です。
日月潭に来たら、是非ともケーブル・カーの上から日月潭を眺めたいものです。ケーブル・カーがゆっくり上昇するとともに、湖面の景色はだんだんと小さく豊かになっていきます。行き来する遊覧船と湖面が優美な景色を作り出しています。遠くの山々にかかる霧と雄大な日月潭が織成すすばらしい風景画を堪能することができます。水社大山と卜吉山の二つの山脈の間に立ち込める雲霧はまるで仙境であるかのようです。ケーブルカーの終点は九族文化村。ここは家族で楽しめるテーマパークです。

桃米坑(紙教会)

下車徒歩約5分で紙の教会に到着し、お茶を飲みます。紙の教会とは地域再生に成功した有名な実例です。921大地震で極めて大きな災害を受けた桃米地域は、地震の経験をもとに環境と自然との平和的共存を目指し、日常生活の中で環境保護を実行しています。現在、周辺地域には生態保護の湿地、川沿い遊歩道、水遊び広場などが整備されています。また、阪神大震災の際、焼失した日本のカトリック教会の集会所ペーパードームが、台湾に移設されたことがその由来です。

日月潭文武廟

日月潭北側の山に位置する文武廟は日月潭の開拓と深いかかわりがあります。1932年、日月潭の水をダムに引くことになりましたが、これによって水没の危機に瀕した湖畔の龍鳳廟と益化堂が文武廟として現在の位置に移設再建されたのです。工事は4年の歳月をかけて、1938年に完成しました。その後、1969年から1975年にかけて全面修築が行われました。
 この間、計7回視察に訪れた蒋介石総統は同廟の完成が中華民国の建国60周年に間に合うよう、工事の進行具合を気にかけ、予算の調達をしたり、各界の人士に全面支援するよう指示したりしました。このため、当時の黄杰台湾省政府主席は建築様式に「北朝式」を用いることを決定、現在の風格ある姿はこうやって生まれました。
 文武廟は台湾で唯一、正門が開いている孔子廟で、参拝者に対する占いを行っているのが特徴です。このほか、本殿前には美しい龍の石彫刻が彫られており、多くの人が観賞に訪れています。

向山観光センター(向山遊客中心)

水をモチーフにして建てられた気迫に満ちた建造物。それ自体が建築芸術と言っても過言ではありません。建物の概観は木目模様で、周りの自然と見事な調和を見せています。建物を上空から見ると広げた両腕が湖を包み込んでいるかのようで、まるで山水画のようです。屋上には緑豊かな展望台があり、ここから美しい湖の景色を楽しむことができます。