鹿港ライン

高速鉄道の台中駅 to 台明將 台湾ガラス館:
高速鉄道の台中駅=>彰化縣原住民生活館(國立彰化師範大學)=>彰化バス彰化駅=>文化センター=>彰化県政府=>福興郷農会=>彰客鹿港站=>彰化県旅客センター=>知達會館(勞教學苑)=>彰濱秀伝病院(彰濱秀伝健園区)=>白蘭氏健康博物館=>緞帶王リボン編み物文化園区(縉陽リボン館)=>台明將 台湾ガラス館

 

台明將 台湾ガラス館 to 高速鉄道の台中駅:
台明將 台湾ガラス館=>緞帶王リボン編み物文化園区(縉陽リボン館)=>彰濱秀伝病院(彰濱秀伝健園区)=>知達會館(勞教學苑)=>彰化県旅客センター=>彰客鹿港站=>福興郷農会=>彰化県政府=>文化センター=>彰化バス彰化駅=>彰化縣原住民生活館(國立彰化師範大學)=>高速鉄道の台中駅

時刻表と料金

Fare 高速鉄道の台中駅出發,区間距離によって精算
Where to buy 彰化の自動車の旅客輸送の彰化駅、彰化バス鹿港停留所、高速鉄道台中駅(駅1階 第5出入口)、車の上で切符を売ります
使用可能カード:現金、悠遊カード、一卡通
Service Hotline 彰化の自動車の旅客輸送の彰化駅 電話番号:+886-4-7224603
彰化客運バス 鹿港停留所電話:+886-4-7772611
Announcements

折りたたみ自転車携帯規則:
1.中型バスの運行のため、車内空間が不足しています。このため、折りたたみ自転車を携帯して乗車することはできません。
2.休日の一部の便は大型バスで運行しているため、折りたたみ自転車を携帯することができます。当社サービスカウンターに大型バスの時間をお問い合わせください。
山道のため、中型バスで運行しています。このため、折りたたみ自転車を携帯して乗車することはできません。
3.大型バスで 折りたたみ自転車携帯の注意事項:
(1)折りたたみ自転車は車両携帯袋に入れなければなりません。
(2)車上トランクに無料で保管することができます。
(3)携帯して座るためには半額券が必要です。

割引券規定:
1.乗車券価格は一般券と半額券に区分されています。1日フリーパスおよびセット券は割引価格であるため、さらなる割引はいたしません。
2.半額券適用対象:
(1)満65歳以上の、国民身分証または敬老証を所有する年長者。
(2)障害手帳を所有する心身障害者およびその必要な看護者または付添者1人。
(3)身長115センチメートル以上145センチメートル未満、または身長145センチメートル以上かつ12歳未満の児童は、身分証明文書の提示により半額券を購入できます。
3.無料乗車適用対象:
身長115センチメートル未満、または身長115センチメートル以上かつ6歳未満の児童は、身分証明文書の提示により無料乗車できます。座席を専有することができますが、乗車券を購入した成年者が付添わなければなりません。乗車券を購入した成年者が連れられる無料乗車の子供は2人に限ります。2人を超える場合、半額券を購入して乗車してください。

ペット持込み規則:
1.小動物を持込むには半額券を買う必要があります。ただし、座席を専有することはできません。
2.以下のいずれかの状況があり、当社スタッフの制止を無視する場合、携帯して乗車することを拒否することができます。未使用の乗車券は全額返金いたします。
(1) 重病または重疾患にかかっている。
(2) ケージ、かごまたは網に入れていない。
(3) 不潔であり、または他人もしくは他物を汚損する可能性が高い。
(4) 公共衛生およびその他の旅客の安寧を妨害し、またはこれに対する侵害性もしくは危険性がある。
(5) バスに乗せて輸送するのに適さない。
3.旅客が持込む小動物はケージ、かごまたは網に入れなければなりません。乗車券を購入した旅客は1件持込むことができ、かつその体積は27立方デシメートル(各辺30センチメートル)未満に限ります。
4.旅客が携帯する小動物は身近に置き、よく注意してください。座席、荷物棚または車両通路に置くことはできません。公共衛生を妨害しないよう、小動物を入れたケース、かごまたは網は防水テープでしばり、随時排泄物を掃除してください。運行途中で旅客が上記の規定に違反し、運転手の制止を無視する場合、下車を命じることができ、その所有する乗車券は無効となります。
5.視覚障害者の公共交通機関に搭乗する基本的権益を維持するため、視覚障害者の盲導犬の携帯を拒否することはできません。また、盲導犬は別途料金をいただきません。盲導犬は大型であるため、前方乗車ドア付近に待機しなければなりません。

Timetable FAQ 鹿港ラインメッセージボード

鹿港ライン この遊び

「一府、二鹿、三艋舺」といわれて栄えたのは昔の話ですが、現在も時代の跡が残っています。鹿港には旧跡や古民家が並んでおり、それぞれに特別なストーリーがあります。天后宮媽祖の痕跡、意楼の愛情物語、隘門の流血と平和の歴史などに鹿港のすべてが刻まれています。ストーリーに溢れる小都市を歩くと、お腹が空いてきます。肉包(肉まん)、芋丸(芋団子)、蚵仔煎(カキ入りオムレツ)、シャコ、糕点(菓子類)などの特長的な軽食があります。多様なグルメを楽しみ、旅行しながらエネルギーを充電しましょう。


鹿港龍山寺→摸乳巷→鹿港民俗文物館→第一市場→彰化縣旅遊服務中心→ルーガンテンホウゴン(鹿港天后宮)→瑤林街老街區→桂花巷藝術村

高速鉄道台中駅または彰化駅から出発することをおすすめします。290年の歴史を持つ古都・彰化市を通り過ぎ、鹿港に到着します。鹿港南区観光客センター駅で下車し、台湾でもっとも美しく完全な清代建築を求めて龍山寺へ向かいます。また、鹿港国小隣の摸乳巷を尋ね、鹿港民族文物館へ行ってみると、時代の変遷に伴う鹿港の歴史を感じることができます。歩き疲れたら、鹿港老街駅で降り、鹿港第一市場で現地の軽食を味わってみましょう。彰化県旅行サービスセンター駅で降りると、鹿港天后宮で現地の伝統的な信仰文化を感じたり、廟外の広場で蚵仔煎(カキ入りオムレツ)、シャコ、麺線糊(細麺)などの美食を味わったり、瑶林街旧街区を散歩したりすることができます。公会堂、隘門、半辺井などは鹿港の風情を充分に感じることができます。また、桂花巷芸術村では、伝統工芸と芸術家の作品を鑑賞したり、キンモクセイの香りが漂う芸術村の中を歩いたりすることができます。

Surrounding scenic spots

彰化大仏(八卦山大佛風景區)

八卦山風景区の中でひときわ目立つのが高さ21.6メートルの彰化大仏です。前方には大仏を守るように2頭の獅子の石像が置かれています。左側には水族館が、後方には大仏殿があり、さらに大仏殿の後方には二つの8階建ての塔が建っています。この塔からは彰化市内を見渡すことができます。

ルーガンテンホウゴン(鹿港天后宮)

中華民国前221年に建設された、台湾で唯一湄洲祖廟(中国大陸のお廟)の媽祖像がお祀りされているお廟です。信者は台湾の各地に分布しているので、ここは一年中、参拝客が後を経ちません。毎年農暦の1月から3月の間は、遠方からの参拝者ピーク。この時期は何時にも増して人波は激しくなり、立錐の余地もないほどです。鹿港天后宮の湄洲媽祖は、その神のみたまが顕著であるだけでなく、御香焚きも盛大です。このお廟の年代はとても古くまた造りも雄壮偉大ですので、その名は広く全土に知られています。

扇形車庫(台鐵扇形車庫)

彰化の扇形車庫は、他にはほとんど残っていないのでとても貴重なものです。また、蒸気機関車自体も今では珍しくなりました。蒸気機関車は昔懐かしい汽車の旅を終えた後、彰化の扇形車庫にやってきます。この扇形車庫は、歴史と文化の保存という面から見てもとても価値があるものです。
台湾彰化鉄道のこの車庫は民国11年に建設されました。車庫はその作りが扇形をしているので、扇形車庫と呼ばれています。列車は長い距離を走った後、この車庫に入って休ませられたり、手入れをされたりします。そのため「機関車旅館」という別名もあります。
この扇形車庫は彰化市の彰美道路の横にあります。表門から入ると鉄道職員がくず鉄で作った2体のロボットが出迎えてくれます。とても独特で、車庫を見学に来る多くの子どもたちの人気者を集めています。

台明将ガラス館(台明將臺灣玻璃博物館)

ここは、台明将(Taiwan Mirror Glass Enterprise Ltd.)が建設した「台湾ガラス館」です。ガラスの工芸品の展示以外にも、「周りを明るく美しく、全てに驚きを」というキャッチフレーズで、会社で作られた作品やアイディアを一般に公開しています。館内は楽しみながら学べる展示方法が採用され、見学者はガラスを身近に見学し、学ぶことができます。
ガラス業界の伝統的な型にとらわれず、とても斬新で、きれいに透き通るガラスの世界を存分に楽しむことができます。ここに来れば、あらゆるガラスの知識を知ることができるでしょう。

白蘭氏健康博物館

白蘭氏は民国92年11月に彰濱工業区域の工場内に「白蘭氏健康博物館」を設立しました。ここは台湾初となる健康を主体とするの博物館です。より良いサービスとより面白い展示施設を提供するために、白蘭氏は97年4-5月にわたり2千万台湾ドルの資金を投じて、館内の全面改装を行い、最新マルチメディアを駆使し、デジタル映像を使った展示や対話形設備を設置し、最新の科学技術を通して健康を学ぶことができるようになりました。

館内は主に「歴史エリア」、「ブランドエリア」、「健康コミュニティエリア」、「保健ステーション」、そして「空中回廊-工場見学エリア」などの5つのエリアに分かれています。白蘭氏の歴史を知るために、まずは「射影室」に行きます。白蘭氏の代表的名健康飲料「鷄精」を飲みながら、映画を観賞しましょう。「ブランドエリア」の内には、水簾式養殖法を見学できるエリアがあります。デジタル映像と模型を重ね合わせたアニメーション映像で、「鷄精」の製造に使われる鶏の飼育の様子を学ぶことができます。「空中回廊-工場見学エリア」は四方を透明な壁に囲まれ、白蘭氏の人気商品「雞精」や「蜆精」の製造工程を見学できる台湾でも唯一の見学コースです。ここの見学をすれば、より安心して白蘭氏の飲み物を飲むことができるでしょう。白蘭氏の「鷄精」は19世紀初め、イギリスのバッキンガム宮殿でコックをしていたH.W.Brandによって考案ざれました。国王ジョージ4世の健康と活力維持のために作られたチキンスープがその原型です。1835年H.W.Brandの退職後、白蘭氏「鷄精」というブランドが作られ、世界的に有名になりました。

鹿港下町

埔頭、瑤林、大有の三つの街路を指します。曲がりくねった赤煉瓦の路地の両側には修理が施された旧式の家屋が並んでいます。生活の匂いが漂う外観や絶妙の内部構造は見ていて飽きません。ここの路地裏にこそ本当の鹿港の風貌を見ることができます。

鹿港龍山寺

鹿港は歴史の香り漂ういにしえ街の一つで、古跡、旧家、古廟および民族風習が最も完璧に残されている国内屈指の街です。「台湾紫禁城」の異名を持つ第一級古跡、龍山寺は鹿港八景の筆頭に挙げられます。
鹿港龍山寺はそもそも路地にあったちっぽけな廟に過ぎなかった。が、のちに地元の有力者の手によって移転改築され、今日のような大規模で優美な廟へと面貌を変えました。建物は西向きに建てられ、平面構成は方正になっています。主な建物は台湾ではめずらしい「四進三院」が採用され、格式や規模は大陸泉州の温陵龍山寺を模倣して建てられました。かつて99の門があり、構造と装飾のいずれにも華麗な彫刻細工が施され、鮮やかな絵はこれを勝る。そのため、「中国建築芸術の宝」との誉れを受け、いくら観賞しても飽きることがないです。
正門前には上質の花崗石製のとぐろを巻いた龍の石刻柱が1組です。昇竜と降龍が絡み合う姿が彫られており、古風かつ素朴ながらも雄渾なさまは石刻芸術の傑作であります。前殿の後方には神に感謝する芝居を演じるための舞台が設けられています。舞台の天井板には「八角井」が採用されています。「八角井」の鮮やかな絵と技術は工芸美術の中でも最傑作であります。これまで龍山寺周辺の建物は龍山寺より高く建てることが禁じられていました。
寺院内の建物は奥に行くほど高くなり、順風満帆を象徴しています。このほか、清代に大陸の浙江省寧波で鋳造され、国内最大の銅鐘といわれる回廊に飾られた古時計や青銅製の観音菩薩など多数の古美術品や文物も保存されています。鹿港龍山寺における建築技術の複雑さ、華麗さには感嘆の連続で、まさに台湾屈指の壮麗な建築物です。